« ノダケ | メイン | ハナイカダ »

2005年11月25日

アオキ




 日陰でもよく生育する常緑、雌雄異株の低木。その名の通り枝は青く、高さ
1〜2m。葉は対生で厚くて表面は光沢が強く、乾くと黒くなる。
 3〜5月、紫褐色の花が、雌花は約2cm、雄花は約10cmの花序につ
く。果実は、長さ1〜2cmの楕円形で、冬になると赤く熟し美しい。
 宮教大構内にあるのは、斑入りの園芸品種である。
 葉は煎じつめると健胃剤になり、火にあぶってはると消炎・鎮痛の効果があ
る。また、新芽は食用となる。 

青木の実 赤きが寒き 庭面哉 (玉兎)
青木の実 うつくし今朝の 深雪晴 (立花乙女)

★ガイドブック
☆アオキ代表
Aucuba japonica Thunb.
☆紫
花期3上 花期3中 花期3下 花期4上 花期4中 花期4下 花期5上 
花期5中 花期5下

投稿者 aobayama : 2005年11月25日 11:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/886

このリストは、次のエントリーを参照しています: アオキ:

» Charles Barras from Charles Barras
It is impossible to defeat an ignorant man in argument. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月15日 12:41