« マルバアオダモ | メイン | フデリンドウ »

2005年11月25日

センブリ




 高さ15〜20cmで、10〜11月に日当りのよい草地に咲く。花は1.
5cmぐらいと小さく、白色で紫色のすじがある。全体がとても苦い。千回振
り出しても(煎じても)苦いので「千振り」という。花が開いた時、全草をと
り熱湯をそそいで飲むと胃腸薬として効く。鎮痛作用がある。
方言に、クスリクサ、ニガクサなどの名がある。
<別名>当薬(トウヤク)
北山より風(し)まく時雨に陰干しの 
 千振りの根も黒く染みぬる(木俣 修)

★ガイドブック
☆センブリ代表
#リンドウ科
Swertia japonica (Schult.) Makino
☆白
花期10上 花期10中 花期10下 花期11上 花期11中 花期11下

投稿者 aobayama : 2005年11月25日 12:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/907