« ムラサキサギゴケ | メイン | オオイヌノフグリ »

2005年11月25日

タチイヌノフグリ




道ばたや畑に普通に生える越年草。オオイヌノフグリと共に,ヨーロッパ原
産で,日本へは明治初期に渡来した帰化植物。全体に短い毛があり,高さ
15〜30cm程。空色の4mm程の小さな花が,早春から初夏にかけて咲く。葉
にはほとんど柄がなく,下部は対生,上部は互生。
 名は,茎がまっすぐに立っているイヌノフグリの意。果実は,オオヌノフグ
リに似ていて,やや小さい。

★ガイドブック
☆タチイヌノフグリ代表
#ゴマノハグサ科
Veronica arvensis Linn.
☆青
花期3上 花期3中 花期3下 花期4上 花期4中 花期4下 花期5上 
花期5中 花期5下 花期6上 花期6中 花期6下

投稿者 aobayama : 2005年11月25日 12:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/926