« タチイヌノフグリ | メイン | ママコナ »

2005年11月25日

オオイヌノフグリ




 高さ15〜30cmの2年草。雪どけとともに3月初めに咲きはじめ6月ごろまで
咲く。(日当たりの良い所では,冬でも咲いている。)花びらに細い数本の青
いすじのある直径約8mmの花が,1個ずつつく。葉は卵円形で,下が対生,上
が互生。別名ヒョウタン草,テンニンカラ草。宮教大構内,青葉山などにも多
く群生し,ルリ色のかわいらしい花をつける。なじみ深い花である。
 ヨーロッパ原産の帰化植物で全国の畑や道ばたに見られる。

大空に似たるいろかもいぬふぐり(那須辰造)

★ガイドブック
☆オオイヌノフグリ代表
#ゴマノハグサ科
Veronica persicaPoir.
☆青
花期3上 花期3中 花期3下 花期4上 花期4中 花期4下 花期5上 
花期5中 花期5下 花期6上 花期6中 花期6下

投稿者 aobayama : 2005年11月25日 12:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/927