« セイタカアワダチソウ | メイン | コウゾ »

2005年11月25日

ヒヨドリバナ




 乾いた山野に生える多年草。高さ1〜2mで8〜10月頃、茎の頂上に白、時
には紫色を帯びた小型の頭状花をつける。
 茎は円柱状で直立し紫色の細点があり、縮れた毛が生えている。葉は対生
し、やや薄く細長く先がとがり、緑は鋸歯がある。果実は長さ約3mmで白い冠
毛がある。時にウイルス病にかかったものは葉に黄色の斑点がある。
 ヒヨドリが鳴くころ花が咲くことからこの名がついた。

★ガイドブック
☆ヒヨドリバナ代表
#キク科
Eupatorium chinense Linn. var. simpli-cifolium  
(Makino)Kitam.
☆白
花期8上 花期8中 花期8下 花期9上 花期9中 花期9下 花期10上
花期10中 花期10下

投稿者 aobayama : 2005年11月25日 13:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/995

このリストは、次のエントリーを参照しています: ヒヨドリバナ:

» Jordan B. from Jordan B.
We can't all be heroes because somebody has to sit on the curb and clap as they ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月21日 04:22