« ユリワサビ | メイン | ナズナ »

2005年11月21日

イヌガラシ




 いたるところの道ばた、田のあぜに普通の多年草。
 茎は高さ30〜50cmになり、多く分枝し、無毛。
 根出葉は、ダイコンの葉に似ており、茎の葉は互生して、するどい卵形から
細長い形である。長さは6〜15cm、鈍頭で、鋸歯をもち無毛。基部は狭まっ
て、葉柄状となり、わずかに茎をだく。
 花期は4〜6月、長さ3mmほどの小さい黄色い花をつける。
 果実は開出し、円柱状で、長さ1〜2cm。果柄をもつ。カラシに似るが、あま
り役に立たないので、この名がついたと言われる。しかし、種子は、むくみ、
せきに用いて効ありとも言われている。

★ガイドブック
☆イヌガラシ代表
#アブラナ科
Rorippa indica (Linn.) Hochr.
☆黄
花期3上 花期3中 花期3下 花期4上 花期4中 花期4下 
 

投稿者 aobayama : 2005年11月21日 16:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/775