« スギナ | メイン | クジャクシダ »

2005年11月21日

ワラビ




 シダの中でも、日当たりの良い乾いた所を好み、よく見られる植物である。
若芽は昔からよく食用にされるが、夏には1m以上にもなり、茎も硬く、にぎり
こぶしのような春先のころからは想像もつかない。
 シダの中には、一葉性のものと二葉性のものがあるが、ワラビは一葉性の代
表的なものであり、胞子を作り出すためだけの特別な葉はなく、成長した葉の
裏側に胞子嚢をつける。

<花言葉>不思議

足柄の山に手を出す蕨かな(也有)

★ガイドブック
☆ワラビ代表 
#ワラビ科
Pteridum aquilinum(L.)Kuhn var.latiusculm(Desv.)Und.
☆花期なし

投稿者 aobayama : 2005年11月21日 11:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/645

このリストは、次のエントリーを参照しています: ワラビ:

» Jake A. from Jake A.
If you want others to be happy, practice compassion. If you want to be happy, pr... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月17日 16:31