« カヤ | メイン | スギ »

2005年11月21日

モミ




 コウモリ穴一帯のコナラクリ林を歩くと、びっくりするような大木に出合
うことがある。これがモミである。雄雌同株の常緑高木で葉は密に互生し、2
列に並んでいる。若木の葉先は、二又で鋭く尖っているが、成長するにつれ丸
くなる。仙台付近は北限に近く、大雪が降った後にはその重みで幹の途中から
折れているものが目立つ。青葉山の極生相(クライマックス)の植物で、東北
大学理学部植物園のモミ林は、国の天然記念物に指定されている。

★ガイドブック
☆モミ代表 
#マツ科
Abies firma Sieb.et Zucc.
☆花期なし

投稿者 aobayama : 2005年11月21日 11:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/652