« スエコザサ | メイン | ヌカボ »

2005年11月21日

スズメノテッポウ




 田や小川の縁に群生するきわめてふつうな二年草。花期は4〜6月で、花穂は
褐色がかった黄色。
草丈15〜40cm。名の由来は、穂の形をすずめが使うような、てっぽうにみたて
たもの。子供たちは、このすずめのてっぽうの花穂を、葉のさやからひきぬい
て草笛にして遊ぶ。

<別名>ピーピー草、笛草。

<花言葉>遊戯

★ガイドブック
☆スズメノテッポウ代表
#イネ科
Alopecurus aequalis Sobol.
☆花期なし

投稿者 aobayama : 2005年11月21日 12:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/659

このリストは、次のエントリーを参照しています: スズメノテッポウ:

» Aaron S. from Aaron S.
I started concentrating so hard on my vision that I lost sight. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月17日 14:42