« カモジグサ | メイン | ヨシ »

2005年11月21日

スズメノカタビラ




 道ばたに生える一〜二年草。秋に発芽し冬を越し春に穂がでる。根元から数
本の茎が立ち、頂上に円錐形の穂が直立する。小穂(しょうすい)は長い卵形
で長さ3〜5mm、3〜6個の小花よりなる。
 葉は線形で毛がなく、なめらかで先はまるい。同属のほかの種とは、茎が
まったくざらつかないことで区別できる。
 この名は、穂の形を雀の帷子(かたびら)にたとえたものである。「スズ
メ」という名は、小さいとか、細かいという意味をもつ。びんぼうぐさと呼ぶ
地域もある。

★ガイドブック
☆スズメノカタビラ代表 
#イネ科
Poa annua Linn.
☆花期なし

投稿者 aobayama : 2005年11月21日 12:09

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/662