« チカラシバ | メイン | スズメノヒエ »

2005年11月21日

エノコログサ




 畑や道ばた、土手などいたるところに生える一年草。高さ50〜80cm、節は太
い。花期は8〜11月。昔から「ネコジャラシ」という名で広く親しまれてい
る。この仲間にはキンエノコロ、アキノエノコロなど数種ある。アワもこの仲
間が中国で栽培されたものだと言われている。
 エノコログサは「狗尾(えのこお)草」の意で、穂が犬の尾に似ていること
によるらしい。
<古名>エノコグサ
くさむらのしげみ離れて二三本(ふたみもと) 狗尾草の穂はなびくなり 
(岡 麓)
 

★ガイドブック
☆エノコログサ代表
#イネ科
Setaria viridis(Linn.) Beauv.
☆花期なし

投稿者 aobayama : 2005年11月21日 12:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/667

このリストは、次のエントリーを参照しています: エノコログサ:

» William H. from William H.
If you have knowledge, let others light their candles at it. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月22日 17:13