« エノコログサ | メイン | ケチヂミザサ »

2005年11月21日

スズメノヒエ




日当たりのよい草地に生える多年草で草丈40〜90cm。秋の頃3〜5本に枝分れ
している花穂を立てる。花穂には、卵円形で淡緑色の小穂(しょうすい)が
2〜3列にならんでいる。全体に長い軟毛がある。
 スズメノヒエという名は、スズメの食べるような細かいひえという意である。

<方言>カラスのまんま、舌切り

★ガイドブック
☆スズメノヒエ代表
#イネ科
Paspalum thunbergii Kunth.
☆花期なし


投稿者 aobayama : 2005年11月21日 12:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/668

このリストは、次のエントリーを参照しています: スズメノヒエ:

» Christopher Edward from Christopher Edward
By heritage and by choice, the United States of America will make that stand. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月17日 15:02