« ケチヂミザサ | メイン | コブナグサ »

2005年11月21日

ススキ




 山野に生える多年草で、高さ1m内外。9〜10月に穂状の花をつける。地下の
根茎はカゼのときの解熱剤に利用される。ナンバンギセルはこの根に寄生す
る。似たものにオギがあるが、オギは湿地に多く小穂(しょうすい)が2〜3個
いっしょにつく。

<別名>「カヤ」「尾花」で秋の七草の一つ。昔屋根をふくのに使われた。

<花言葉>勢力

荻の花尾花葛花撫子(なでしこ)の花 
 女郎花また藤袴朝顔の花 (山上憶良)

★ガイドブック
☆ススキ代表
#イネ科
Miscanthus sinensis Anderss.
☆花期なし

投稿者 aobayama : 2005年11月21日 12:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/670