« ススキ | メイン | カヤツリグサ »

2005年11月21日

コブナグサ




 他の畦道などいたるところに茂っている。草丈20〜50_pの一年草。9〜11月
に紫色の花穂を茎の頂や上部の葉のわきに付ける。葉の縁に長い毛がある。
 葉の形が小鮒(こぶな)に似ていることからこの名が付いた。八丈島では、
八丈絹の黄色染料として使う。

<別名>カリヤス(茎がやわらかく刈りやすいから)

★ガイドブック
☆コブナグサ代表 
#イネ科
Arthraxon hispidus(Thunb.)Makino.
☆花期なし

投稿者 aobayama : 2005年11月21日 12:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/671