« メヒシバ | メイン | アカシデ »

2005年12月03日

アオスゲ




 いたる所にみられる最も普通のスゲで、全体が緑色をしているところから、アオスゲの名がある。
 高さは10〜30cm。茎の切り口は三角形。淡緑色の小穂(しょうすい)が2〜5個つく。頂小穂は雄性で線状、側小穂は雌性でラグビーボール状である。
 スゲ属は、日本だけで200種を越す大属である。カヤツリグサ科の中で、果実がつぼ型の果苞に包まれる属は他にないので、属まではすぐわかるが種の見分けはむずかしい。

★ガイドブック
☆アオスゲ代表
#カヤツリグサ科
Carex breviculmis R.Br.
☆花期なし
 


投稿者 aobayama : 2005年12月03日 21:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aobayama.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/1016

このリストは、次のエントリーを参照しています: アオスゲ:

» Lewis R. from Lewis R.
No pessimist ever discovered the secret of the stars or sailed an uncharted land... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月15日 18:43

» draqqftz from draqqftz
draqqftz [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月26日 09:28

» jcmwjazy from jcmwjazy
jcmwjazy [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月01日 07:16