039. ユキノシタ科

ユキノシタ科 ( Saxifragaceae )

この科の一覧へ

    

 北半球に多く、世界に約110属1.200種ある。そのうち日本に野生するのは、21属約90種で、日本に固有な特異種も多い。
 草本または木本で、葉は対生または互生する。花は放射相称(ユキノシタなどは例外)で、両性、まれに中性花がある。
 観賞用植物として親しまれ、アジサイ類、ユキノシタ類、ウツギ類は広く栽培されている。とくにアジサイは「万葉集」にT味挾藍UT安治佐為Uの字を用いた歌が収められ、上代から庭植えにされていたのではないかといわれる。スグリ類は、ジャムやゼリーとしてよく利用される。
 本書では、トリアシショウマ、アカショウマ、ヤマネコノメソウ、ノリウツギ、コチャルメルソウをとりあげた。

HOME