047. ヒメハギ科

ヒメハギ科 ( Polygalaceae )

この科の一覧へ

    

 熱帯および温帯に広く分布する。世界に13属約800種、日本には、ヒメハギ属、ヒナノカンザシ属の2属4種がある。
 葉は互生、まれに対生及び輪生する。托葉・鋸歯はない。花は両性で左右相称であり、穂状・総状あるいは円錐花序になり、頂生あるいは腋生する。がく片は5個で内側の2個は花弁状で大。花弁はふつう3個まれに5個。雄しべは8個または4〜5個。葯の先に孔が開く。子房は上位でふつう2室。果実は_果まれに石果。種皮に脂肪体があるものもあり、蟻によって運ばれる。
 本書ではヒメハギをあつかう。

HOME