050. モチノキ科

モチノキ科 ( Aquifoliaceae )

この科の一覧へ

    

 小鳥やトンボなどを捕えるのに使う鳥モチは主にモチノキとヤグルマ科のヤグルマの樹皮から作られる。イヌツゲも鳥モチの原料となる。又、果実はたいてい赤く熟し、小鳥の飼料としてよい。高木又は低木で、一般に単葉を互生する。托葉は小さく早落性。花は小さく、放射相称をなし、両性又は単性で、腋生して集散花序をなし、まれに単立する。
 世界に3属約300種あるが日本には1属しかない。本書ではウメモドキ、アオハダ、イヌツゲをとりあげた。

HOME