056. ブドウ科

ブドウ科 ( Vitidaceae )

この科の一覧へ

    

 ふつうつる性になる木本または草本で、巻きひげを持ち、葉は互生して、まれに手形状に複生し、托葉がある。花は小さく、放射相称となり、集まって集散花序、または円錐花序を作り、花序はふつうには葉に対生する。のちに液果をむすび、少数の種子がある。
 世界に12属約700種あって、熱帯から亜熱帯に多く、温帯にも分布する。
 本書では、ノブドウ、ヤブガラシ、ツタ、ヤマブドウをとりあげた。

HOME