072. ハイノキ科

ハイノキ科 ( Symplocaceae )

この科の一覧へ

    

 常緑または落葉生の高木または低木。葉は単葉、革質で互生し、托葉はない。花序は腋生または頂生で総状・穂状・円錐等で花は両性まれに雌雄混種。
 世界に1属約300種が知られ、アジア、特にインド、マレーシアが中心で、そのほかオーストラリア、アメリカ等の暖帯や亜熱帯に分布している。
 この科の果実は小鳥のよい飼料である。
 本書ではサワフタギをとりあげた。

HOME