082. ハエドクソウ科

ハエドクソウ科 ( Phrymaceae )

この科の一覧へ

    

 葉は対生し,卵円形又は鳥楕円形であらい鋸歯がある。穂状花序を茎の先端につけ,対生した花をまばらにつける。がくの先の刺状の歯は動物に付着して種子を運ぶ役目をする。ハエドクソウのみの1属1種である。

HOME