100. アカソ (イラクサ科)

アカソ (イラクサ科) ( Boehmeria tricuspis (Hance) Makino )

 低山の沢沿いや林縁などに株立ちで生える多年草。高さ30〜50cm,時には80cmにも達する。茎は赤っぽく,折ると断面は四角くなっている。春はまだ浅い頃,その芽も淡い紅色をしている。若い枝先は白毛をかぶる。
 葉には荒いギザギザがある。殊に葉先は深く3つに分かれるのが特徴。
 雌雄同株で雄花穂は茎の下方に,雌花穂は上方につく。7〜8月に開花するが地味な花である。
 アカソの「ソ」は「麻」のことで,昔は茎の繊維を利用した。

アカソへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME