097. アオミズ (イラクサ科)

アオミズ (イラクサ科) ( Pilea mongolica Weddell. )

 山地の湿った日陰に生育する一年草。高さ30〜50cmになり,茎には毛がなく滑らかである。柔らかな茎を折ってみると,断面はやや方形で水気が多い。
 葉の緑は,他のイラクサ科の植物同様,荒くギザギザになっている。葉の先端が尾のように細くなってとがるのが特徴。葉の表面の3本の主脈が明瞭である。7〜8月に葉のつけ根に小さな穂状の花をつける。雌雄同株。雄花も雌花も淡緑色で目立たない。
 ミズによく似るが,茎が緑色をしているためアオミズと言う。山菜として賞味される。

アオミズへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME