058. チゴユリ (ユリ科)

チゴユリ (ユリ科) ( Disporum smilacinum A.Gray )

 山野の林中に普通な多年草。地下茎は横にはい、茎は高さ15〜40cmで1本であるが、まれに分枝する。葉は互生し、長楕円形で先がとがり質が薄い。4〜5月頃に茎の先に1〜2個の白色の花を下向きにつける。6片の花被片は斜開し、長さ12〜18mmで先がとがる。
 「稚児百合(ちごゆり)」と書き、稚児の名にふさわしく、小さくかわいらしい花である。花後に丸い小さな果実を結び、熟して黒くなる。

姫著莪(ひめしゃが)にちごゆりにこの午(ひる)下り (小島 文子)

チゴユリへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME