183. フジ (マメ科)

フジ (マメ科) ( Wisteria floribunda (Willd.) DC. )

 右まきのつる性の木本。他の木につるがからみついてうっそうと生い茂る。フジにからみつかれた木は幹の成長にともなってだんだんくびれてくる。
 4月末になると淡い紫色の花房をつけて、長いものは野生でも50cmにもなる。5月にはフジの花の香りが青葉山のいたるところでたちのぼる。花後、豆果をつけるがさやは20cmくらいになり、葉の下にたれさがる。
 豆・花・若葉とも食用になる。

<花言葉>恋に酔う、ようこそ美しき未知の方

夏に入るあしたの露に咲きおもり ゆたかなるかな藤の花房 (尾上紫舟)

フジへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME