303. ヘクソカズラ (アカネ科)

ヘクソカズラ (アカネ科) ( Paederia scandens (Lour.) Merrill var. mairei (Leveille)Hara )

 草やぶに生えるつる性の多年草。8〜9月に鐘状で灰白色、内部が紅紫色の花をつける。茎は左まきで長くのびる。葉は対生で楕円形。果実は黄色、直径5mmの球形。全体にいやなにおいがするのでヘクソカズラといい、古名のヤイトバナは、花の上面の様子が灸(きゅう=やいと)をすえた跡に似ることからついた。

  秋さればへくそかずらの花にさへ うすくれなゐのいろさしにけり(尾山篤二郎)

ヘクソカズラへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME