331. ヒメジョオン (キク科)

ヒメジョオン (キク科) ( Erigeron annus (Linn.) Pers. )

 明治初めに北米から渡来。野原で一般的に見られる二年草。高さは30〜60cmで6〜10月(初夏から秋)にかけて白花をつける。つぼみの時から頭花は直立しており、うなだれることはない。茎は中空ではない。葉は互生し、うすく、するどい鋸歯がある。
 「姫女苑」と書く。苗葉をゴマ和え、天ぷら、からし和えなどにして食べる。

夕飯の宿はあばらや姫女苑(渓流)

ヒメジョオンへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME