179. ホドイモ (マメ科)

ホドイモ (マメ科) ( Apios fortunei Maxim. )

 日当りよい林や、その縁にみられるつる性の多年草。細長い地下茎があり、ところどころにカラスウリほどの塊根がある。花はマメ科の花としては色も形も独特で、7〜9月黄緑色に咲く。小葉が3枚つき、葉脈が白くめだつ。
 名はただ「ホド」ともいうが、ホドとは「塊」という意味である。青森県では北アメリカ原産のアメリカホドイモをホドイモとして食用にしている。野生のホドイモは小さいが、焼けば食べることができる。

ホドイモへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME