077. イヌコリヤナギ (ヤナギ科)

イヌコリヤナギ (ヤナギ科) ( Salix integra Thunb. )

 日当たりのよい小川のふちや湿地に普通に見られる落葉低木。高さ2〜3m。尾状の花は葉より先に出る。開花期は4月。雄花、雌花ともに2cm内外である。葉は対生または互生につき、長楕円形である。葉の上面は緑色、下面は粉白色。両面無毛である。
 丈夫で挿木は簡単である。生垣や切花に使われる。イヌコリヤナギという名は、コリヤナギという柳行李(やなぎこうり)に使われる朝鮮産のヤナギに似ているが、実際には役に立たない、ということからきている。

イヌコリヤナギへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME