260. イワウチワ (イワウメ科)

イワウチワ (イワウメ科) ( Shortia uniflora (Maxim.) Maxim. )

 常緑の多年草。地下茎が細長く横にはい、その長さはまれに60cmを越えるほどである。根生葉は、長い柄を持ち革質であり、広円形で先がややへこみ波状の鋸歯がある。
 4月初め、高さ2〜9cmの花茎に淡紅色の花を1個つけ、そのちょっとうつむきかげんな姿が愛らしい。 青葉山では北側の崖付近で見ることができるが、素人には絶対に栽培できないので、採取はしないように。 名の由来は、岩地に生え、葉がうちわの形なので言う。

イワウチワへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME