287. カキドオシ (シソ科)

カキドオシ (シソ科) ( Glechoma hederacea Linn. var. grandis(A.Gray) Kudo )

 高さ5〜25cmのつる性の多年草で、4〜5月に淡紫色の花をつける。全体に細かい毛があり、シソの葉のようなにおいがする。
 はじめ直立で、後に倒れて地上をはう。葉は腎臓状の円形をなしている。つるを伸ばして垣根を通りぬけるのでこの名がつけられた。
 葉をかきあげにして食べる。
 小児のカンの薬にもなる。糖尿病に効く。
 花の頃は大変良い香りがあり、これがシソ科の特徴である。

カキドオシへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME