023. カモジグサ (イネ科)

カモジグサ (イネ科) ( Agropyron tsukushiense (Honda) Ohw var. transiens (Hack.)Ohwi )

 草原や道ばたによくみられる多年草。茎は高さ50〜100cm。葉は線形、やや白っぽい緑色で長さ18〜25cmである。
花期は5〜7月、花穂は紫をおびた白緑色で先は垂れ下がる。
 よく似ているアオカモジグサは、花を包む枚の苞葉のうち内側があきらかに短く、ほとんど同じ長さのカモジグサとこの点で区別できる。
 女の子がこの草で髪結い遊びをしたことから髦(かもじ)(髪の毛のこと)の名が付いたらしい。

思い出の道みな細しかもじ草 (秋元不死雄)

カモジグサへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

HOME