095. カナムグラ (クワ科)

カナムグラ (クワ科) ( Humulus scandens(Lour.)Merrill )

 カラハナソウの唯一の近縁種。雌雄異株でつる性の一年草。原野,荒れ地,道ばたでよく見かける。宮教大のまわりのフェンスには多くからみついている。9〜10月にかけて淡緑色の花を咲かせる。
 「カナ」は鉄を指すが,これは茎が丈夫だからであり,「ムグラ」は雑草の意である。古歌で言うヤエムグラはカナムグラのことである。

八重葎茂れる宿の寂しきに 人こそ見えね秋は来にけり (恵慶法師)

カナムグラへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME