127. ケキツネノボタン (キンポウゲ科)

ケキツネノボタン (キンポウゲ科) ( Ranunculus cantoniensis DC. )

 野原に生える一年草で、おもに流れのそばに生える。高さは20〜60cm、黄色い1cmぐらいの花を夏から秋につける。花が咲くと、がくがそり返る。茎を折ると白い汁が出る。全体に毛が多い。
 実の形が、ボタンに似ていて毛の多い事から、この名がある。毛の少ないキツネノボタンもある。

ケキツネノボタンへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME