086. ケヤマハンノキ  (カバノキ科)

ケヤマハンノキ  (カバノキ科) ( Alnus hirsuta Turcz. )

 山の雑木林に見られる落葉高木で,高さ17mにもなる。樹皮は紫褐色を帯び,横長の灰色の皮目を生ずる。葉は広楕円形で浅い切れ込みがある。葉長6〜14cm,幅4〜12cm,葉柄は長さ1.5cm,葉脈は6〜8対で下面に隆起する。早春,葉が出る前に,雄花序は枝の先に,その下に雌花序がつく。褐色の果実は卵状長楕円形で秋につく。
 青葉山では,金属博物館へ向かう道路ぞいに見られる。

ケヤマハンノキ へのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

HOME