156. キジムシロ (バラ科)

キジムシロ (バラ科) ( Potentilla fragarioides Linn. var. major Maxim. )

 野原、雑木林の下や道ばたに多い多年草。根茎は太く、葉は根生する。茎の高さは5〜30cm。全体に立った毛が生える。
 4〜5月、2cmぐらいの黄色い五弁花が集まって開き花弁の先がややへこんでいる。葉は羽状複葉あ(ミツバツチグリは、三葉)、小葉は楕円形で、花期には1〜3cmであるが、夏葉は5cmほどに達する。このように花後葉が目立って大きく生長するので、この葉のひろがりをキジが座る場所に見立てて、「雉蓆」という名ができたと言われる。

キジムシロへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME