035. コブナグサ (イネ科)

コブナグサ (イネ科) ( Arthraxon hispidus(Thunb.)Makino. )

 他の畦道などいたるところに茂っている。草丈20〜50_pの一年草。9〜11月に紫色の花穂を茎の頂や上部の葉のわきに付ける。葉の縁に長い毛がある。
 葉の形が小鮒(こぶな)に似ていることからこの名が付いた。八丈島では、八丈絹の黄色染料として使う。

コブナグサへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

HOME