149. コチャルメルソウ (ユキノシタ科)

コチャルメルソウ (ユキノシタ科) ( Mitella pauciflora Rosend. )

 山地のよく湿ったところに生える多年草。青葉山ではスイス池へ行く途中でみられる。高さ20〜30cmの花茎の先に2〜3個の花を、4月末〜6月にかけてつける。花弁が羽状に切れこみ、雄しべが花弁から離れて花盤の上につくこと。
 チャルメルソウよりも、花茎が短いことからこの名がついた。チャルメルソウは、裂開した果実の形が、管楽器のチャルメラに似ている植物。

コチャルメルソウへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME