091. ミズナラ (ブナ科)

ミズナラ (ブナ科) ( Quercus mongolica Fischer var.grossese‐
Rrata(Blume)Rehd.et Wils )

 山野に生える落葉高木で30m位になる。樹皮は黒褐色で深いたての割れ目がある。葉は倒卵形。大量の水分が含まれているのでミズナラという。コナラとは,葉の裏側が淡緑色で葉柄が短い(0.5cm以下)ことで区別できる。葉の大きさもコナラが小さくミズナラは大きいので,別名オオナラという。
 花期は5月頃で,秋に長さ2cm程の楕円形のどんぐりをつける。

水楢のいろづく頃はゆたかなる 葺も恋ほしと入りて来にける(山本友一)

ミズナラへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

HOME