340. モミジガサ (キク科)

モミジガサ (キク科) ( Cacalia delphiniifolia Sieb. et Zucc. )

 山地の湿った木陰に生える多年草。高さ60〜80cmで8〜9月頃白い花をつける。茎の上部には短いちぢれ毛があり、葉は軟らかく下面に短い毛がある。全体の感じがオクモミジハグマに似ているが、本種は枝分かれして花がつくので、花が咲く時期に区別できる。
 名は、葉がモミジに似ており、しかも傘状をしているのでいう。別名モミジソウ。東北地方ではシトギまたはシドケ、埼玉や群馬ではキノシタと呼ぶ。若苗は食用として、揚げ物、おひたし、和えもの、煮ものなどにする。美味しい。

モミジガサへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME