357. ニガナ (キク科)

ニガナ (キク科) ( Ixeris dentate(Thunb.) Nakai )

 山地や丘陵に最も普通な多年草。茎は細く、高さ30cm内外。初夏に多数の黄色い頭花をつける。頭花には、5〜7個の小花がある。
 キク科の植物はたいてい食べることができ、ほろにがい味がするのだが、この草は特別にがいのでこの名がついた。この種は変化に富み、多数の種類に分けられている。白い花の咲くものをシロニガナという。

窓の外は甍ばかりのわびしさきに苦菜ほうけて春行かむとす(長塚節)

ニガナへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME