163. ノイバラ (バラ科)

ノイバラ (バラ科) ( Rosa multiflora Thunb. )

 日当りのよい原野、川岸、山地などに生える落葉性の低木。高さ2mで、5〜6月、白色から淡紅色の花を円錐状につけ、芳香を放つ。枝に鋭いとげがある。葉は、羽状複葉で互生。
 赤い実は、落葉後も残り、漢名を営実(赤い星、火星)といい、腎臓炎や、かっけなどの薬になる。
 また、花を蒸留して・花の露・という香水をつくる。
 野外に生えるバラの意である。

夕がたの雨あたたかく野いばらに ぬれそそぐなりなつかしいかも(木下利玄)

ノイバラへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME