335. ノコンギク (キク科)

ノコンギク (キク科) ( Aster ageratoides Turcz. var. ovatus (Franch. et Savat.) Nakai )

 山野に生える多年草。高さ50〜100cmで8〜10月に紫色の花をつける。
 ノコンギクとは、野原に咲く紺色の菊という意味である。ヨメナと非常によく似ているが、花を分解してみて5mmぐらいの冠毛があれば、ノコンギクであり、ほとんどなければヨメナである。また葉にはかたい毛があり、ざらつく点が異なる。
 若芽、花などを食べる。多くの変種がある。

秋草のいずれはあれど露霜痩せし 野菊の花はあはれむ(伊藤左千夫)

ノコンギクへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME