150. ノリウツギ (ユキノシタ科)

ノリウツギ (ユキノシタ科) ( Hydrangea paniculata Siebold )

 7月、東北大学応用物理学科から宮教大に登ってくる途中、ノリウツギの白い花々を見る事ができる。
 この花の穂は、円錐状で、3〜4枚のがく片のついた飾り花と小さな花をつける両性花とで、できている。飾り花の方は、雄しべ・雌しべは退化して実はならないが、両性花には4〜5mmの実がなる。
 樹皮から、和紙をすくときの糊をつくるところから、「糊空木(のりうつぎ)」の名がついた。
 木は庭木に使われることが多く、根がパイプになるなど、木材は細工物や木釘として利用される。

ノリウツギへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME