227. オトギリソウ (オトギリソウ科)

オトギリソウ (オトギリソウ科) ( Hypericum erectum Thunb. )

 高さ30〜60cmの多年草で枝は急角度に斜上する。葉は3〜5cmで茎を抱く。直径1.5〜2cmの黄色い花を7〜8月にかけてつける。
 「弟切草」という名は、鷹の傷の特効薬としてひそかにこの草を使っていた鷹匠が、自分の弟をその秘法をもらしたかどで切り捨てた、という話からついた。葉の裏面に散在する黒い油点を、弟の血痕に見たてたものである。
 切り傷や打ち身によく、神経痛にも効く。

オトギリソウへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME