351. センダイトウヒレン (キク科)

センダイトウヒレン (キク科) ( Saussurea nipponica Miq. var. sendaica (Franch.) Ohwi. )

 オオダイトウヒレンの変種で、関東以北に分布する。高さ50〜100cmで、茎には狭い翼がある。花期は9〜10月で、やや濃いピンクの頭花を、散房状に多数つける。日本に、この種類は25もあり、トウヒレン(塔飛廉と書く)の名は、そのうちの、細長い形姿のセイタカトウヒレンの花序を、塔に見たてたものらしい。また、飛廉とは、中国の想像上の鳥の名であるが、日本では、トウヒレンに似ているヒレアザミの慣用名になっている。

センダイトウヒレンへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME