341. タマブキ (キク科)

タマブキ (キク科) ( Cacalia farfaraefolia Sieb. et Zucc. bulbifera (Maxim.) Kitam. )

 山の湿った木陰に生える多年草。茎は高さ50〜140cm。葉は長柄があり、歯の裏に密にくも毛がある。葉腋にむかごをつくる。花期は8〜10月、桐化は狭い円錐花序につく。小花は5〜6個、はじめ黄色でまもなく褐色をおびる。
 「珠(たま)ブキ」の珠はむかごの意味で、葉の形がフキに似ていることからこの名がついた。

タマブキへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME