313. タニウツギ (スイカズラ科)

タニウツギ (スイカズラ科) ( Weigela hortensis (Sieb. et Zucc.) K. Koch )

 山地に生える高さ2〜3mの落葉低木。初夏、穂状にロート状の紅色の花が咲く。葉は対生、卵形で先は鋭く尖り、表面に白い毛が密生しているのが特徴である。5月末〜6月初め宮教大に来る途中の谷間にたくさん咲く。谷間に多いことからタニウツギという。庭木に使われることが多い。

タニウツギへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME