312. ツクバネウツギ (スイカズラ科)

ツクバネウツギ (スイカズラ科) ( Abelia spathulata Sieb. et Zucc. )

 山地に生える高さ1〜2mの落葉低木。5月末に淡い黄色いロート状の花をつける。若枝は赤褐色で2列に毛がある。古枝は灰色。葉は対生、ひし形状卵形で先が尖る。ツクバネは果実の頂に、がく片が5つついている様子が、はねつきのつくばねに似ているところからきた。

ツクバネウツギへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME