173. ツクシハギ (マメ科)

ツクシハギ (マメ科) ( Lespedeza homoloba Nakai )

 高さ2mほどの落葉高木で、箒をさかさにたてたような姿になる。秋の青葉山で最も多くみかけるハギである。
 8〜10月ごろ葉腋から花柄をのばして10個くらいまとまって花を咲かせる。花の色はさまざまあるが、白〜薄紅色である。特に翼弁は濃いピンク色である。
 葉は三出複葉の卵形で、他のハギに比べると大きく肉もやや厚い。
 「土筆萩」の「土筆」は筆の穂先のこと。株立ち全体をたとえたのかと思うが、本当のところはわからない。
 ミヤギノハギとは枝先が長く垂れさがらないことで区別できる。

ツクシハギへのリンク

・青葉山ブログ

・oNLINE植物アルバム

・googleイメージ検索

・青葉山の花ごよみ

HOME